空き家・空地の活用①

空き家の売却

空き家や空地は、もちろんですが売却し換金することができます。空き家を売却することで、大変だった管理の手間や時間はもちろん、固定資産税も支払う必要がなくなります。そのため、ビーンズ不動産にご相談いただく方の約7割が、活用方法として売却を選んでいます。 ただ、いざ売却しようと思っても遠方に住んでいるためどこから始めたら良いか分からなかったり、他の兄弟たちとの調整が難しかったりもします。

空き家をそのままの状態で売却する

空き家をそのままの状態で売却することを「中古戸建」または「古家付土地」での売却と言います。この売却方法のメリットは手間がかからない事と、お金の持ち出しがない事です。
「中古戸建」の場合はリフォーム費用、「古家付土地」の場合は解体や造成、分泌・測量等の費用は全て買主の負担となります。そのため、その手間と費用、その他のリスクを買主が全て負うため、売却価格は他の販売方法と比べると安くなってしまいます。時間やお金をなるべくかけたくない、少し安くても手間なく活用したいという方におススメの売却方法です。

空き家を解体して売却する

空き家を解体して売却することを「更地」での売却と言います。建物を解体して更地にすることで、建物解体にかかる時間や費用、リスクを売主が負うことで一般的に「古家付土地」よりも高く早く売却できる可能性が高まります。ただし、建物を解体した状態で1月1日を迎えてしまうと固定資産税・都市計画税に適用されている住宅用地の特例がなくなってしまいますので注意が必要です。
解体工事の見積りには建物本体だけではなく、庭木や庭石、ブロックなどの外構部分も含まれているかどうかを確認しましょう。見落としがちなのが地中に埋まっている使わなくなった浄化槽や、設計図にはない大きな基礎杭です。石綿(アスベスト)が使用されている場合は石綿除去の費用も追加で必要になります。後から予想以上の費用がかかってしまった、とならないよう、見積り内容は良く確認するようにしてください。

空き家の賃貸

建物は長く使わない状態が続くとどんどん傷んでしまいます。湿気や害虫・害獣の発生、埃などで、すぐに人が住めなくなってしまいます。建物を長持ちさせる一番のコツは人が使い続けることです。そのため、ビーンズでは空き家を賃貸住宅にするお手伝いを行っております。

どんな地域にも対応できる賃貸戸建

以前は住まなくなった家を貸しに出すというケースが多くありましたが、最近では賃貸戸建を新築するというケースが増えています。その理由は安定した収益性です。賃貸戸建は需要に対して供給数が圧倒的に少ないのが現状で、築年数や立地に関係なく安定した家賃収入が見込めます。入居期間も長期間となるケースが多く、安定した収支計画が立てられます。
ただ、収益性はアパートを含む他の土地活用には劣るため、リスクをなるべく少なくしたいという方におススメです。 賃貸戸建のもう一つのメリットに売却する際に中古戸建として売却できる点が挙げられます。中古戸建は不動産の中で最も取引が多い物件です。そのため、いざ売却!という場合は、他の物件と比較して短期間に売却することができます。

空き家のリフォーム

賃貸物件として安定した収益を得るためのリフォームは、なるべく少ない費用で建物を蘇らせる工夫が必要です。

戸建のリフォーム

以賃貸戸建は需要に対して供給が少なく、比較的安定した収益を確保することができる不動産活用です。そのため、リフォームも新築に近い状態までする必要はなく、最低限のもので十分です。しかし、水回り設備(キッチン、風呂、トイレなど)やドアノブ、スイッチなど手に触れる部分は重点的にリフォームを行うなど、費用対効果の高いリフォームを選んで工事すると費用を節約して人に貸すことができます。
近年、ニーズが高まっているのが入居者の希望に合わせてリフォームするという手法です。賃貸戸建を希望される方は比較的長く住む傾向が強く、自分たちのライフスタイルに合った部屋に住みたいという想いがあります。そのため、例えばクロスなど一部分だけでも入居者の希望を聞いてあげることで差別化をすることができます。

喫煙者だったためタバコのヤニがひどく、
全室で壁クロスを交換、天井を塗装しました。 さらにプロによるハウスクリーニングを行い、
見違えるようにキレイになりました。

マンションのリフォーム

マンションのリフォームを行う場合、マンションごとの管理規約や構造に注意する必要があります。特に間取り変更を含む大規模なリフォームを行う場合は管理組合からの許可が必要な場合や、マンションによっては行えないケースもあります。
マンションの場合、構造部分(柱、梁、壁、床など)の維持管理は管理組合が行うため、リフォームは内装部分のみとなります。そのため、戸建よりも比較的安くリフォームできるのが特徴です。そのため、マンションのリフォームをする場合、ビーンズでは差別化により力を入れることをご提案しています。例えば壁のクロスを一面だけ違う色にするなど、低価格でも行える差別化を複数することによって、オシャレな部屋にすることができます。
また、分譲マンションは比較的良い場所に立地していることが多く、賃貸住宅としてのニーズも高いのが特徴です。そのため、近隣のアパートや賃貸マンションよりも高い価格で貸すことができます。

和室3室の3DKを和室と洋室1室ずつの2LDKに変更。 無垢の床材やデザイン設備でオシャレなマンションに変身。

次のページへ

お気軽にお問い合わせください。

記載物件は、当社取扱いの一部です。
その他にも賃貸、売買の物件をご用意しておりますので、
詳しくは下記よりお問い合わせください。


LINE@